弊社カレンダー
簡単カレンダー

携帯でもショッピング
上のQRコードを携帯電話のバーコードリーダーで読みとって頂くと携帯でもショッピングができます!



BBS7.COM
MENU RND NEXT



吹田慈姑 -すいたくわい-  
吹田市で江戸時代以前から自生していたもの。現在流通している大型の中国クワイとは異なる小型のクワイで、えぐ味が少なく、栗のようなほくほくした甘さがある。



勝間南瓜 -こつまなんきん-  
大阪市西成区玉出町(旧勝間村)が発祥の地。900g弱と小型で縦溝と瘤のある粘質の日本かぼちゃ。果皮は濃緑色だが、熟すと赤茶色になる。



芽紫蘇 -めじそ-  
明治時代初期、大阪市北区源八付近で栽培がさかんであったため、芽紫蘇等の芽ものが「源八もの」と呼ばれるようになった。青芽と赤芽があり、独特の香気と色合いをもつ。



泉州黄玉葱 -せんしゅうきたまねぎ-
泉州地区で明治時代に選抜された黄色玉ねぎ。代表的な品種は、今井早生や貝塚極早生がある。肉質はみずみずしく柔らかく、甘みが強い。早生のものほど、球形が扁平となる。



金時人参 -きんときにんじん-

 
江戸時代から昭和初期にかけて大阪市浪速区付近の特産であり、「大阪人参」と呼ばれていた。根身は約30cmで深紅色、肉質は柔軟で甘味と香気が強い。


 
 
次のページへ前のページへTOPへ戻る


利用案内特定商取引に関する法律に基づく表示個人情報保護方針

Copyright(C) 2007 naniwa no oyasai .com All rights reserved.